ストレスと染毛剤かぶれ

いつもお読みいただきありがとうございます

「きれいな髪は健康は頭肌から」

毛髪診断士指導講師の大坂です

 

ストレスが多いと、確実にかぶれやすくなります!

 

病院ではっきりとした原因がわからない体調不良がある時、「ストレスが原因ですね」って言われたことがありませんか?

美容院ではよく聞きますが、「円形脱毛症」で病院に行くとストレスが原因の一つと言われることが多いそうです

本人は心のうちで「ストレスがない人っているのかよ」って、腑に落ちないそうですが・・・

じつは、ストレスが積み重なると副腎機能が低下します

副腎は色々なホルモンを作り出していることはご存知かと思いますが

副腎で作られるおもなホルモンに

・アドレナリン(副腎髄質)

・コルチゾール(副腎皮質)

があります。

アドレナリン

興奮した時や強いストレスを感じた時に放出されます。心拍数を上げたり、呼吸を速めたりして一時的に体の機能をパワーアップする役割を持ったホルモンです。アミノ酸から作られるホルモンなので、素早く反応します。

コルチゾール

みなさんご存知のステロイドホルモンと呼ばれる、コレステロールから作られる反応の遅いホルモンです。

いやなことやつらい事、イライラが続いたり思うようにいかなかったり、現代社会とは切っても切れないストレスを感じている時に、副腎皮質でつくられるコルチゾールが分泌してストレスを抑えるように働いている重要なホルモンです。

コルチゾールの役目の一つに、炎症を抑える働きがあります。免疫機能をコントロールし、過度な反応を抑制しています。このため炎症を抑える薬にステロイドホルモンとしてつかわれます。

ストレスとかぶれ

さまざまなストレスが続き、充分な睡眠がとれていなかったり、不規則な食事や偏食が続いていると、なかなか疲れが抜けなかったり睡眠障害が起きたり慢性的な体調不良になったりします。
病気以外で他に思い当たることが浮かばない時、ストレスから体を守っていたコルチゾールが分泌されていない可能性があります。
副腎機能障害を起こしているかもしれません。

そのような体調不良がある時、炎症を抑えたり免疫機能を調整していたコルチゾールによる統制が効かなくなり、様々な化学物質や化粧品、細菌、ウィルス、植物、重金属などに過剰に反応し、カブレや炎症が起こりやすくなります。

白髪染めも例外ではありません!

 

私たちの知らないところで、さまざまなホルモンが働き体のバランスを整えています。

ストレスが続いて体調がすぐれない時は、美容院に行くのはやめて身体を休めて下さい

くつろげない美容院はストレスがたまります💦

 

それでも美容院で白髪染めをしなければいけない時は

肌ストレスのない「カラーグレスプログラム」での白髪染めをおススメいたします

 

ここまでお読みいただきありがとうございます