見直してみませんか?無添加製品(パラベンフリー)・石鹸・アミノ酸系シャンプー

いつもお読みいただきありがとうございます

きれいな髪は健康な頭肌から

毛髪診断士指導講師の大坂です

 

今、無添加製品(パラベンフリー)・石鹸・抗菌剤(殺菌剤・消炎剤)・天然成分配合ファンデーション・洗浄力の弱い洗浄剤(アミノ酸系シャンプーなど)は

広く市場に流通して、高い支持を受けています

しかし

このような製品をながく使用した場合・・・

①細菌感染症の発生

②過敏症の発生

③リバウンドの発生

が予測され、さまざまなトラブルを招く可能性があります

 

残念ながら

それらの製品に対して消費者は、絶対的な信頼を寄せて使用を続けています

もちろん、悪いモノばかりではなく良いモノもあるでしょう

健康な肌をお持ちで、何もトラブルなく使い続けている方もいます

 

ただ

無添加製品や石けん、その他は、時間の経過とともに

「真綿で首を締める」

スピードでトラブルを発生させる危険性があります

 

こんな頭皮の異常はありませんか?

・痒み・痛み・発赤(紅斑)・ふけ・吹き出物(膿疱性ざ瘡)

・搔痒性紫(体温が上昇すると痒くなる)

・尋常性白斑(色素脱失症)

・尋常性乾癬(痒み・紫斑・ふけ)

・皮膚炎・脱毛

 

多くの疾患は『日和見菌』といわれる常在菌が原因です

 

たとえば・・・

イ.痒み・痛み・発赤・吹き出物・皮膚炎

≪黄色ブドウ球菌、化膿連鎖球菌が原因菌です≫

ロ.ふけ

≪ピチロスポルム・オバーレ・白癬菌が原因菌です≫

ハ.搔痒性紫斑

≪溶結性ブドウ球菌が原因菌です≫

 

日和見菌は、数が増えると悪玉作用し、数が正常だと善玉作用をします

また、抗菌剤(殺菌剤・消炎剤)に対して耐性化し、時間の経過とともに効果が低下します

加えて、ホルモン剤は外から与えると、自分自身で生産力が低下する副作用があります

どこかで耳にしたことばかり、ではありませんか?

同じことは皮膚の上でも起こっています

 

もう一度言います

無添加製品(パラベンフリー)・石鹸・ホルモン剤・抗菌剤(殺菌剤・消炎剤)配合製品・不潔(洗浄剤の能力不足・湯シャン)

をながく使っているとこんな症状が出ます

・風・乾燥・温度・紫外線・圧迫・摩擦などで、痒くなったり痛くなったりします

・頭髪化粧品を変えると痒みがでたり、皮膚がはれたりします

 

日和見菌が異常繁殖すると、皮膚に3つの異常が発生します

①細菌感染症の悪化(皮膚炎の慢性化・かぶれ)

②過敏症の悪化(皮膚に接触する多くの物質や刺激を攻撃する過剰防衛反応の出現)

③リバウンド(製品を中止した時に発生する禁断症状)

 

改善するには・・・

正常菌叢(人間と共存共栄する菌群)の調和をはかり

バクテリオシン(正常菌叢から分泌される抗菌物質)の分泌を促す以外ありません

 

近年、健康のため腸内フローラ(腸内細菌叢)を考えるようになり

乳酸菌や食物繊維を摂取するように、推奨されるようになりました

同じように、皮膚の健康を見直すために

皮膚の細菌叢を考えた美容を見直す時が来ました

 

今お使いの製品で大丈夫ですか?

いつでもご相談ください

 

ここまでお読みいただきありがとうございます