ビビリ毛内部補強、耐久実験②

いつもお読みいただきありがとうございます。

AZABU髪質部、髪質向上委員会です

 

耐久実験、2回目です

まずは、前回のドライ後の状態

DSC_0177 (1)

シャンプー台で十分に流水後

RCSシャンプーで優しく泡立て、放置5分

良く流し、リンスなしタオルドライ後

DSC_0179 (1)

とろけているような感じで、引っ掛かりがありそうだが

まだ、毛先からコームで梳かすことは可能

ドライ後の状態

DSC_0180 (1)

まだ十分にストレート感が残る

弱冠、毛先がパサつき始めるが指通りは良い

ドライ後の引っ掛かりがないので、まだブロー、アイロンとも可能なように見受けられる

 

2回目検証

今回も、シャンプー時にしっかり洗うことを目的に

泡立てたまま5分ほど放置したが

まだ、内部補強は十分に残っている

 

まだまだ続きます。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください