ビビリ毛内部補強、耐久集中実験⑤

いつもお読みいただきありがとうございます。

AZABU髪質部、髪質向上委員会です

 

にゃんこの右目がなおってました~♫

 

今回は、集中して4回ほど連続でやってみました

まずはいつものごとく、前回までの状態

DSC_0186 (1)

ここから、1回目RCSシャンプーで優しく泡立て、放置5分

しっかり流し、リンスなしのタオルドライ

髪を優しくほぐしてからドライ

DSC_0189 (1)

うねりがでる。ザラツキ感、ゴワツキ感もあり、所々にちり付きも出る

櫛通りもわるい。

2回目、少し趣向を変えて、LUXスーパーモイストで洗う

揉み込み3分、よく流しリンスなしのタオルドライ

縺れが少なくなってきた?ドライ後

DSC_0192 (1)

うねり、ザラツキ、ゴワツキ感が減ってきた?

髪のおさまりもよくなっている?

3回目、RCSシャンプーで優しく泡立て、揉み込むこと3分

良く流して、リンスなしのタオルドライ後、完全ドライ

DSC_0194 (1)

シリコン系のコーティング剤が取れてくると再びうねり、パサつき、ゴワツキ感がでてくる

4回目、DO-S シャンプーで優しく泡立て、放置5分

リンスなしのタオルドライ、根元と毛先がほぐしにくくなる

優しくドライ

DSC_0196 (1)

シャンプーに配合されているホホバオイルのせいか、少ししっとり感が出る

うねりも少し収まっているが、毛先の引っ掛かり、ザラツキ、ゴワツキ感はある

しっとり感が少しあるが、広がりを抑えるほどではない

 

総評

シリコンは広がりを抑えるが、その量が多いと蓄積されて逆に手触りを悪くする可能性があるので、LUXは1回で終了させてもらった。

この実験は、補強がどれくらい持つかの実験なので、ここではシリコンは必要ないと思う。

まだ、元のビビリ毛状態には戻っていないが、広がりは出るようになってきた

これくらいのシャンプー回数では、補強はまだ残っている感じ。

もう少し、実験は続きます

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください