おさらい・・・

いつもお読みいただきありがとうございます。

AZABU髪質部、髪質向上委員会です

 

先日の講習会で使用したナオミちゃんで

復習してみました

 

まずはこの状態

DSC_0305

から、全体を再度ピュアミングから

都度ピュアミング工程を施しているので

炭酸でよく流してからSCL150ccで循環3分

流さずに水だけ替えて、ACL60ccで循環1分

GL40ccをそこに足して、循環1分

炭酸でよく流し、GL振ってチェック

 

髪のもつれを優しくほぐし、髪の臭いチェック

システアミン部分とチオ矯正部分の臭いあり

何もしていない部分は、ほぼ臭いなし

サルファイト部分はアンモニア臭無し

 

なので、今回は3センチスライスを増やし

DSC_0306

同じレシピでGO

加温45分、還元チェックOK(あのやり方です)

乳化しながら薬剤を流し

中間ピュアミング工程(あの分量とあの順番で)からの

10倍GLたっぷりからの(けちらず)

完全ドライからの

じっくり縮める200℃アイロン(あなたはできる)

過水はコスメ2液で5分(ここだけ違う)

 

結果

遅くなってしまいましたので

次の日まで自然乾燥しちゃいました

DSC_0307

ま、まあ、OK!!

しなやかさと手触り感OK

ぱっつん過ぎず、自然なストレートOK!!

 

ナオミちゃん、個体差が結構ある感じがします

毛の太さ、パーマのかかり具合、薬剤

どれもが毎回違う気がします

それをできる限り均一化する

プレピュアミングが一番大事なんでしょうね

処理の甘さが、結果につながる気がします

残留チェックの一番の方法が・・・

においを嗅ぐ!!と金髪先生もおっしゃってました

これが強力な武器になるかも・・・🎶

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください