クロード・モネ

おはようございます

麻布十番 仙台坂の下のヘアサロン

サカシタウィードのオオサカですーー。

 

今日、通勤途中で売り物のオリーブの木が倒れていた

誰も倒れたオリーブの木を起こさず、その横を通り過ぎていった

なので、起こしてあげたが

お店で掃除をしていてもちょっと気になったので

いや、オリーブの木が欲しいと思っていたので

買ってしまった・・・

幸福を呼ぶオリーブの木。

うちのお店の看板になってもらおうと、外で働いてもらおうと思います

頑張って働いてくれよなーー

 

ということで、昨日は東京都美術館でモネ展観てきました~

DSC_0402

クロード・モネ

クロード・モネClaude Monet, 1840年11月14日1926年12月5日)は、印象派を代表するフランス画家。「光の画家」の別称があり、時間や季節とともに移りゆく光と色彩の変化を生涯にわたり追求した画家であった。モネは印象派グループの画家のなかでは最も長生きし、20世紀に入っても『睡蓮』の連作をはじめ多数の作品を残している。ルノワールセザンヌゴーギャンらはやがて印象派の技法を離れて独自の道を進み、マネドガらはもともと印象派とは気質の違う画家だったが、モネは終生印象主義の技法を追求し続けた、もっとも典型的な印象派の画家であった。

フルネームは当初オスカル=クロード・モネOscar-Claude Monet)であったが、本人がオスカルの名を好まなかったため、通常は「クロード・モネ」と名乗っていた(改名したのかどうかは不詳)。

≪Wikipediaより引用≫

ただいま、東京都美術館でモネ展やってまして

印象派の名前の由来ともなっている「印象・日の出」が

ただいま10月18日まで、展示してる

21年ぶりの来日。次はいつ観られるかわからない

行かなきゃ損損。

 

「印象・日の出」

他もよかったが、この一枚はなんか違った

ライトの当て方が絶妙なのか、壁から浮き上がってるような

うすぐらい壁に、ひかりかがやいていた

どこかの港の風景なんだろうが、やさしい絵だったな~

12月13日までモネ展やってますが、

「印象・日の出」は、10月18日までしか展示してないそうなので

気を付けた方がいいですよ~

気になる方は是非足を運んでみて下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください