髪は水を嫌う!?

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

 

先日実家(富士市)から、チャリ取ってきました

kuwaharagaap

5年くらいかな?家の中においてあったんで、状態は悪くないと思いますが

ほこりやら、猫毛やら、色んなものが付着してました(-_-;)

少しずつ整備しながら、綺麗にしてこうと思います

 

髪の毛って、水分嫌いな筈です・・・多分

髪の構造を見ると、そうとしか思えません

理由1 ヴァージン毛(日光暴露されてない髪)は疎水性

カラーとかパーマとかしたことのない髪って、キューティクルの表面に18MEAという脂質成分が覆ってます。こやつのせいで、子供の髪をカットするとき濡らそうと思っても、なかなか濡れてくれません

理由2 髪の中にも疎水性の水の通り道がある

この通り道があるおかげで、カラーしたりパーマをかけたりすることができます。でも、決してそのためにあるのではありません。濡れた髪が早く乾くための通り道です。

理由3 髪は乾くと強度が増す

髪の毛は65~95%がたんぱく質で、たんぱく質はアミノ酸が脱水縮合しながら結合したものです。そのほかは、結合水・脂質・色素・微量元素です。
結合水は、ドライヤーで乾かしても取れることのない水分です(約13%前後)。傷んだ髪はこの水分量が減っているためにパサつきます。
アミノ酸は、結合するとたんぱく質になりますが、単体は水に溶ける物質です。濡れてる状態は不安定で、乾くと強度が増すのは想像しやすいと思います。

髪は、本来乾きやすい構造になってます

 

んじゃ、なんでそうなったんでしょう?

その一つに、水と空気の性質があるんじゃないかと思います

 

ここからは、想像です

酸化って言葉は聞いたことがあると思います

身近なとこだと、活性酸素が増えすぎると体が酸化して、色んな病気の原因にもなったりしますよね

他にも、赤さびとかがあると思います

鉄って、湿気がなければすぐに錆びたりしませんよね?

でも水の中に入れたりすると、すぐに赤く錆びてきます

これは、鉄が酸化することによって(特に表面)錆が出ます

 

ちょっと難しい話ですが、酸化と還元って聞いたことありますよね?

説明なしで進みますが、この反応は電子の授受反応のことですが

これは、酸化数の変化で酸化なのか還元なのかがわかります

それで見てみると、空気中の酸素はO2です

単体中の原子の酸化数は0、よって酸素の酸化数は0

では水はどうでしょう?水はH2Oです。水素と酸素の化合物です

化合物中の水素の酸化数は通常+1(例外あり)、酸素は‐2(例外あり)で

水の酸化数は0。ここまでは酸化も還元も出てきません

 

ですが、空気と水の境界となると話が違ってきます

H2O+1/2O2+2e⁻→2OH⁻となって還元剤に・・・

酸化される鉄はFe→Fe²⁺+2e⁻

反応するとFe²⁺+2OH⁻→Fe(OH)₂

ここに、さらに酸素と水が反応し・・・

じつはそんなに詳しくないんで、この辺で・・・。

赤錆は水の存在下で、鉄が自然酸化するとなるそうです

 

髪はどうなんでしょうねーー?

この水と空気の還元剤によって、髪が酸化される・・・

髪は鉄とは違うんで、なんとも言えませんが・・・。

このことからも髪が、速く乾くようになってるかもしれません

あくまでも、個人の想像です・・・♫

 

乾燥したミイラにも髪が残ってるくらいだから・・・

想像はつづく・・・。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください