赤と黒の錆びと精錬。

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

 

先日、自転車を持ってきたはいいが

整備道具が何もないことに気づいた・・・(-_-;)

 

錆びには、赤いヤツと黒いヤツがあるのをご存知ですか?

よく目にするのは、鉄などの赤錆ですよね

そのまま放置すると、鉄が劣化してきます

じゃ黒さびって?

あまり聞いたことないですが

赤錆を防ぐのが、黒錆びです。良性の錆だそうです

なので、赤錆による劣化を防ぎたいときは

先に黒錆びで鉄をコーティングするといいそうです

方法はいろいろあるそうです

 

髪の毛でいうと、3ステップトリートメントとかの

コーティング系トリートメントがそれにあたると思います

皮膜感たっぷりの艶々トリートメント系

なんかは、外からの刺激から守ってくれるのに

少しは役立ってると思います

 

でも鉄は、黒錆に頼らなくても

錆びにくくする方法があります

それは、「精」です

刀とか包丁って錆びにくいですよね?

同じ鉄を鍛え上げ不純物を取り除いてるから、錆びにくくなります

熱したり、たたいたり、また熱してたたいて、水に入れて冷やして・・・

手間暇をかけて鍛え上げられた鉄は、それ自体が強くなっていきます

テレビやなんかで見たことがあると思いますが、日本の伝統芸能ですよね?

日本の刃物作りは優れてて、海外ではまねできないそうですよ

その後の仕上げで、素晴らしいものが出来上がるのを

皆さん目にしてることと思います

 

 

ピュアミングは、似たような考えの元に制作されてる気がします

髪をコーティングすることも大事だと思いますが

その前の、髪から不純物を取り除き(シャンプーや石けん、炭酸などでも取り除けないモノ)

この場合は、「精」になると思いますが

髪が本来持ってる強さを引き出すことも重要ではないでしょうか?

もちろん、ピュアミングは髪をたたいたり、熱であぶったりするものではありませんのでご安心を

不純物を取り除いた髪の毛の手触りを知ってる方は

過度なトリートメントに頼らなくなります

その後の手入れも大切ですけどねーー♫

あっ、でも元の髪の毛が傷みすぎてたら

それは治りませんよっ、その時に適切なトリートメントが必要になりますからね♫

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください