刺激の少ない白髪染め(^^♪

こんにちわ!大坂です。

いつもお読みいただきありがとうございます

 

刺激の少ない白髪染めと言いますと

オーガニックカラーとか思い浮かんだりすると思います

しかし、このオーガニックカラーはアバウトすぎて

何がオーガニックなのかよくわかりませんよね?

 

ホントのオーガニックカラーは

ヘナ・インディゴ・ハーブなど100%植物を使用したものと思います

有機栽培された化学肥料を使用されていない植物を使えば

その名の通りオーガニックカラーになるんではないかと思います

 

しかし、黒髪も明るくできる白髪染めにオーガニック成分を配合しても

その効果には疑問を感じてしまいます

オーガニック成分の効果がわかるほど配合されていたら

また別のカテゴリーのカラーになってしまいます

なので

髪を明るくできる白髪染めに配合されているオーガニック成分は

雰囲気を醸し出すためのモノなんでしょうね

 

ホントに刺激を考えたカラーは

安易にオーガニックという言葉を使っていません

カラーに配合されている刺激成分の見直しをしています

その方が、実際にお客様も感じることができるようになります

 

よく聞くのが

・今までどうしても白髪染めの後に頭皮が痒くなっていたのが、無くなったんですよ

・カラーを塗られてるときに、刺激をかんじないんだよね。

・これは、オーガニックカラーですか?

と、よく声をかけられます

もちろん、その感じ方には個人差がありすべての方の意見ではありません

カラーでかぶれてしまう方には使用することは出来ません

 

この白髪染め、#ハイブリッドカラーというのですが

#ノンジアミンカラーという、かぶれてしまう原因パラフェニレンジアミンを使用していないカラーを作った会社の白髪染めです

(ジアミンは、日本人のような黒褐色の髪の白髪染めにはどうしても欠かすことができない成分です。なので永久染毛剤のカテゴリーにある白髪染めに配合されています。しかし、このノンジアミンカラーで白髪染めをするには色味が少ないので、多くの方を満足させるまでには至っていません。研究が進み少しずつ増えていますが)

もともとノンジアミンカラーを作ってしまうほどの会社なので、他の刺激物もできる限り緩和しています

そんなメーカーの作ったハイブリッドカラーは、刺激が少ないのはもちろんのこと、ジアミンの量も可能な限り減らしているそうです

(ジアミンは感作作用がある成分なので、その量が少なければ少ないほどアレルギーを引き起こす可能性が低くなるのは想像できるかと思います)

そこまで考えた白髪染めなのです

刺激が少なく、かぶれるリスクまで減らしたカラー#ハイブリッドカラー

さらに刺激を少なくするために、サロン側の努力も必要になると思います

頭皮に使用するジェルやオイルだったり

ジアミンを浸透しにくくするための処置だったり

カラー後の髪に残留する成分を除去することだったり

決して、トリートメントで誤魔化す作業ではありません

白髪染めは頭皮から塗るものなので、肌のことも考えなければなりません

 

このカラーが素晴らしい!!で終わってはいけないんでしょうね

当サロンも

小さいことを積み重ねながら

永くカラーを楽しんでいただくための処置を探して

頑張ってます

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください