トリートメントに過度な期待は持たないでください。

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

 

お客様と話をしていると・・・

まだまだトリートメントで髪が治ると思っている方が多いですね

 

そんな時、こんな話をしてみます

もし、あなたがケガや病気をしたときどうしますか?

そのケガが擦り傷だったら、患部の消毒をして傷薬を塗ったり絆創膏などで患部を覆って、治るのをまちますよね?

もしそのケガが骨折などの大けがだったら、ギプスで覆って安静にして骨が再びつくのを待ったり、複雑骨折の場合は一生ボルトで骨をつなぎ合わせたりする場合もあります

もしその病気がガンだったら、早期なら患部を切り取ります

もしその病気が・・・

 

など色々あると思いますが、そのケガや病気、一瞬で治りましたか?

最先端を行く医療現場でも、高度な治療をしている医療現場でも、完治するまでには時間が必要なのは簡単に想像できると思います

擦り傷だって薬で一瞬にして治るんじゃなく、治るまでに時間がかかりますよね

 

そこで考えてみて下さい

トリートメントを付けただけで傷んでしまった髪が、その瞬間元通りになると思いますか?

確かにトリートメントは髪に浸透します

時間を長く置いたり、熱を加えたりすればさらに髪の奥まで浸透するかもしれません

でも浸透するだけです。

仮に色んな薬剤を使用し、アイロンやスチーマーなどを使用して、髪と結合したとしましょう。都合よく傷んでいる箇所と結合していると思いますか?

電子顕微鏡を使用してnano単位の針で、髪の中の傷んでいる場所を縫い合わせているわけではありませんよ

美容現場でそこまでの最先端治療をしているなんて聞いたことがありません(nano単位の針なんてないと思いますが)

 

最先端の医療現場でも、手の施しようのないところは切除します(多分)

髪の毛も手の施しようのないほどダメージしてしまったら、その部分は切ることしかできないんですよね

その後は、髪をやさしく扱い傷まないようにするだけです。時間のかかる作業ですが。

トリートメントをして手触りが良くなった時、それは髪に浸透した成分の手触りが良いという事で、決して髪が治ったわけではありません

 

誤解しないでくださいね(^^♪

トリートメントがいらないと言っているわけではありませんよ

摩擦によるキューティクルのダメージを減らしたり

静電気を抑えたり

紫外線から髪を守ったりするトリートメントは必要だと思います

 

ただ、知っておいてほしいことは

髪が一瞬で治る魔法のトリートメントはありませんよ

ってことですからね

トリートメントしてるから大丈夫なんて、髪を雑に扱わないでくださいね

 

以上

トリートメントに過度な期待はしないでくださいね

というお話でした

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください