加水分解ケラチンって、大丈夫?

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

 

免疫の本とかアレルギーの本とか

生化学・分子生物学の本とか

皮膚の本とか

毒性の科学とか

こんな本を読み始めてるんですが

あっ!厳密に言ったら眺めてる・・・か(^_^;)

 

少し疑問が見つかりました

加水分解ケラチンって大丈夫かいな?って。

もちろん、美容師の推測なんだけど・・・

 

少し前、「茶のしずく石けん」が問題になったことを覚えている方も多いと思いますが

この石鹼を使用した方が、小麦アレルギーにを起こして問題になりました

石けんなのになんで小麦アレルギー?

って、思いませんでした?

この時の原因が、この石鹸に含まれる小麦の加水分解物だそうです

石けんを使うことで皮膚からこの成分が吸収され

身体に小麦の抗体がつくられたそうです

 

どうなったかっていうと

 

後に小麦を含んだ食材を口にした際に

瞼の腫れ、顔面の皮膚の痒み、蕁麻疹など

様々なアレルギー反応が出てしまったそうです

 

そうなんだって、アレルギーは皮膚の吸収から起こるそうです

この時、皮膚バリアがしっかり働いていれば起こりにくいそうなんだけど

皮膚に傷があったり、肌が乾燥してたり、敏感肌の人は

アレルギー反応を起こすリスクも上がるそうです

それでも、加水分解物は皮膚から侵入しやすいモノらしく

気を付けた方がいいような気がします

 

美容室では、トリートメントと称するものに加水分解何とかが入っています

特に、いくつもの工程に分かれてるシステムトリートメント

髪の奥に侵入するほどのモノは、皮膚にも簡単に浸透すると思います

髪を補修するのもいいけど、アレルギーは大丈夫かな??

 

特に美容師は、素手で触ることが多く

一日に何人も施術してたら、知らない間に何かのアレルギーをもってしまうかもしれません

加水分解物がたんぱく質の場合は特に・・・

 

詳しくは、職業性アレルギー疾患診療ガイドライン2016を購入して

調べてね♪

 

当サロンでは、システムトリートメントはやってません!!

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください