“ノンジアミンカラー”で白髪染めする件

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

 

ノンジアミンカラーを検索されている方は

・白髪染めによるかぶれを気にしている方

・頭皮に刺激を感じる方

・カラー後に頭皮が痒くなる方

・仕方なく我慢して白髪染めをしている方

・髪のダメージが気になる方

など、今のカラーに少なからず不安や不満をお持ちの方が多いと思います。

当サロンにも、そんなお悩みの方がいらっしゃいます。

そんなお悩みの方にはこんな処理で対処しています

 

*ベースとなるカラー剤には、ノンジアミンカラーを使用しています

 

1,カラー前の処理

再生できない髪は、とにかくダメージさせないことが大切です。
カラー剤を塗る前に、3つの源泉をブレンドした温泉ミネラルと、4種類の植物ミネラル(ひのき・すぎ・まつ・海藻)から作った濃厚ミネラル液を使用し、髪と頭皮のイオンバランスを整え、外部からのダメージに強い状態にしてから施術に入ります。

 

 

 

2,頭皮保護

頭皮の状態により、刺激緩和能力の高い2種類のローションから選びます。
刺激のある薬剤が頭皮に深く吸収される前に刺激をやわらげ、未然にアレルギー反応を起こしにくくします。

 

3,カラー剤処理

カラー剤にも有害成分を効果的に緩和することができる、有害成分ブロック剤をミックスしたモノを使用します。
ここでも未然にアレルギー反応を起こしにくくし、カラー施術時の嫌な臭いもなくなります。
頭皮が敏感な方でも、刺激を感じることが無くなります。

 

 

 

 

4,残留薬剤処理

2種類あるダメージ成分中和剤から髪の状態に合わせて選び、カラーチェック後のシャンプーする前に、カラー剤が付いたところにホイップ状の泡にしたものを、満遍なくなじませます。(今回のお客様は毛先までのワンタッチカラーのため、毛先まで充分に馴染ませています)
過酸化水素とアルカリ剤を効果的に中和して、カラーの酸化を促進し退色しにくい色を作ります。

 

5,お流し

オレンジ油がたっぷりと配合されたクレンジングローションで乳化を行い、カラー剤を落としていきます。

一度目のシャンプーでRCSシャンプーを使い、やさしく洗います。

この時、不必要に頭皮をゴシゴシと洗いません。過度なマッサージは頭皮を傷つけ、炎症のもとになります。

 

次に、ヘマチンとブラックシリカ配合の黒い炭素系マイナスイオンシャンプーを、循環器型ヘッドスパ「ヘアエステタイニー」を使って髪と頭皮によくなじませながら、最後のダメージ・有害成分除去をします。

 

 

 

 

 

続けて、効果の異なる弱酸性の2種類のローションを使用し、循環器型ヘッドスパ「ヘアエステタイニー」で丁寧に髪になじませ、髪と頭皮のPHバランスとモイスチャーバランスを最適な状態に戻していきます。

 

 

 

 

 

最後に、バランスウォーターを地肌からたっぷりと振りかけ髪と肌に潤いを与えながら、モロッコ産アルガンオイルと地肌のエイジング効果の高い植物エキスを配合したBLCコンディショナーで、髪と肌を整えます。

 

 

 

 

 

 

6,仕上げ

タオルドライ後は、ドライヤーやアイロンの熱から髪を守る効果の高いホワイトグラファイトとアミノ酸を贅沢に配合したGLローションをふりかけ、髪をやさしく丁寧に乾かして終了となります。

 

もちろん

シャンプー台で使用する水は、浄水器を通した塩素の含まれていない優しい水を使用し

 

 

随所に炭酸シャワーを取り入れています

 

 

 

(この二つは最低限のものと思っています)

 

ハンドドライ後の仕上がりで、自然な艶と髪の毛のおさまりもよくなりました(ダメージの少ない根元付近はきらきらです)

 

一番人気のカラー処理「カラーマネジメントシステム5C」です(^^♪

白髪染めによる頭皮への刺激、カブレの問題、髪のダメージ問題などを緩和する処理、すべて取り入れた構成になっています

 

今回ご協力いただいたお客様は、普段はご自分で白髪染めをされている方で、いつも毛先までのワンタッチカラー

カラー後は頭皮の痒みがずっと続き、ひどい痒みがある時は薬を塗って対処されてたそうです。

美容室でトリートメントを買って処理するも、いつも髪が硬くゴワツキもあったそうですが・・・

今回のカラー時には頭皮の刺激がなく、髪の艶が戻りビックリされてました。

問題の痒みは、ドライヤーの熱が地肌にあたる時だけは、少し痒みがでるものの以前のようなひどい痒みにはならなかったそうです。
その後の経過を聞いてみましたが、今までの痒みが嘘のように快適に過ごされてるそうです。

A様、ご協力ありがとうございました。

 

*すでにカブレてしまうようになってしまった方には、違うカラー剤をおススメしています

 

白髪染めによる様々なリスクに対応するには、一つの処理だけで対処できるとは思っていません

皆様のご協力のもと

小さいことを積み重ねながら少しずつ改善をし、今のような構成になっています。

 

もし、同じようなお悩みを抱えていましたら

いつでも気軽にご相談くださいね

白髪染めに我慢は禁物ですよ♪

*こちらのメニューはカウンセリングから入りますので、ネットでのご予約は受け付けていません。

ご興味のある方はお電話にて受け付けています。

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください