美しい素肌の条件①

こんちわ!毛髪診断士認定講師に合格した大坂です

認定講師とは、髪の毛ばかりでなく頭皮の相談にも適切にお答えできる者ですよー(^^♪

 

美しい素肌の条件

肌を美しく見せようとする時、大部分の方々の関心は、「顔」ですよね。クマがあったり、血色が良くない時は化粧品やメイク道具で美しく見せようとします。まあ、色々とテクニックはありますが、でもここでいう美しい素肌の条件は、作られたものじゃなくて、皮膚の自然の美しさのことで、皮膚の「健康美」とか「素肌の美しさ」について考えてみようと思います。

1)皮膚の表面がなめらかでツルツルしていること、その表面にはうるおいがあること

2)皮膚に触れた時、やわらかでしなやかな感じがすること。(ハリと弾力があって、触れた時に抵抗を感じない)

3)皮膚の血液循環がよいこと

ということが美容皮膚科医の中では定義されてるそうです。皮膚は絶えず外界にさらされてます。ちょっとした油断で荒れたり傷ついたりします。
でも皮膚は体を保護する役目があるんで、少しぐらいの刺激で傷つけられることが無いように、強い活力があります。そう、皮膚の抵抗力が備わってるんですよね。

1日遊び疲れた後の皮膚が荒れているのに気づいても、1晩ゆっくり寝ると翌朝はすっきり元気な顔に戻っています。

えっ?疲れはとれないしすっきりした顔になっていないって?そのことを「歳を重ねて抵抗力が弱まっている」といいます💦(私もおんなじです)

そんな皮膚の抵抗力ですが、その力にも限度があります。皮膚の健康に無頓着でいると、いつとはなしにあれが目立ってきて、ついには取り返しのつかないことも・・・
なので「皮膚を休める」ということが大切です。しっかりと栄養を取ってゆっくりと睡眠をとって適度に体を動かして血の巡りをよくして、抵抗力を高めておくのが皮膚を休める目的です。

これとは逆のことをしていると、皮膚は不安定になってきます。
・寝不足、過労、ストレスで皮膚も過敏になってきます。
・季節の変わり目、月経直前、更年期の皮膚も不安定です。
いつもなら何ともない刺激なのに、肌が荒れやすく、カブレや炎症が起きやすい時は「皮膚が不安定」ですよっ!ってサインです。(過激なことは控えてね~特に毛染めは要注意)

積極的に皮膚を休めましょう!

皮膚の再生力

皮膚は生命力が強く、傷を作ってもすぐに元通りの姿に帰ります。皮膚は自分の健康を守ることができるようになってます。ただその力も年がたつにつれて弱ってきます。それは皮膚の自然の寿命ということです。
ただ、この衰えは、無理に消耗させるようなことを生活の中で繰り返していると、当然皮膚の衰えは早まってきます。自分の皮膚の寿命をまっとうできないってことになるんですよね。

皮膚の美しさを長持ちさせるかどうかは、個人の心がけ一つに掛かってるんですよ。人頼みでできるわけがなく、自分自身で努力する以外ないってことです。

エステに行って普段できない手入れをすることも大切ですが、それと同じくらいの「皮膚を休める」普段の生活も大切だよってことですよね。

とりあえず笑って過ごして、おいしい栄養のあるもの食べて、睡眠時間をたっぷりとれば・・・あっ後運動もか💦

焦らずひとつづつこなしていこう==🎵

次回はこの「内からの美容の条件」について書きます

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください