オトコだってカラーグレス、やってます。

こんちわ!いつもお読みいただきありがとうございます

「きれいな髪は健康な頭皮から」

毛髪診断士認定講師兼カラーグレス認定美容師の大坂です

何かと問題の多い毛染めから

カラーグレスでお客様の髪と頭皮を守ってます(^^♪

 

いつもご贔屓にしていただいているお客様なのですが

オトコだって身だしなみとしての白髪染めも、大事だと思います

かと言って、髪を明るくしちゃうと如何にもって感じがいやらしかったりします

そこで、黒髪はそのままに白髪だけを茶色くするパウダーカラー!

パウダーカラーは、髪を明るくする成分が入っていないので

刺激が少なく、髪も傷めません

そう思っておススメしたのですが、何回目かのカラー後に

頭皮に痒みが出てしまいました

やさしいカラーでも、肌の弱い方には染料による痒みや炎症が出てしまいます

猛烈な反省と痛恨の極みとして、方々手を尽くして取り入れたのが

「カラーグレス」。

お陰様で、今ではカラー剤を変えずに痒みや炎症を抑え

カラー後の頭皮も健康な色になってます

〇〇様、お忙しい中いつもご利用ありがとうございます!

少々コツがいりますが、パウダーカラーでもカラーグレスOK!

考察

・カラー後に頭皮に赤味がでて痒みが伴ってしまう場合、酸化染料によるアレルギーの疑いもあります。また、事前の頭皮のチェックにより赤味やピンクがかっている場合は、肌がより敏感になっている事が考えられますので、刺激の無い優しいカラーでも使用は控えた方が良いでしょう。

事前のパッチテストで回避する事は可能ですが、白髪染めは使用頻度が高く毎回のパッチテストでアレルギーを早めてしまう可能性もあります。

カラーグレスは

事前の頭皮チェックと問診により、頭皮への処置を変えています。そうする事により、いっそうの安全性を高めています。グレスタッチとの併用によりさらに安全な処置を行う事ができます。

 

やさしいと言われるカラーにもご注意を(>_<)

ここまでお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください