ヘアロスとヘアサイクルとヘキサジーファクター。

こんちわ!いつもお読みいただきありがとうございます

 

「きれいな髪は健康な頭皮から」

毛髪診断士認定講師兼カラーグレス認定美容師の大坂です

 

Hair©Salon sakasitaweedは発毛促進施術「HEXAGFACTOR]の取り扱いサロンに認定されています

 

育毛というと、あの育毛剤の効果があったとか、この育毛剤がいいらしいとか、あの有名人も使ってるらしいとか・・・

まことしやかにささやかれてますが。

育毛の基礎は生活習慣の改善から始まるんですよっ

あの有名なラ〇ザップだって、そこを改善しない限り効果は発揮してないと思います。

いくら良いモノでも、正しい生活習慣が確立されてなければ、穴の開いたバケツにのように効果は絶えず失われていきます

まあ度合いにもよりますが、クスリだけに頼るなってことです。

 

生活習慣と言われてもピンとこないと思いますので、例を挙げてみますと

①睡眠不足

睡眠時には皮膚に多くの血液が流れると言われています。徹夜した後の顔色がよくない、化粧品のノリが悪くなることは経験があると思いますが、皮膚だけでなく身体は寝ている間に代謝をおこなってます。髪の毛も同じです。
睡眠不足は、髪の成長に悪影響を与えています。

②運動不足

少なからず皆さんも感じてると思いますが、運動不足になると新陳代謝が損なわれます。血流も悪くなります。
結果、髪の毛をつくる細胞の活力も低下します。

③喫煙

喫煙は髪の成長に必要な栄養素を破壊し、血管を収縮させ血行促進を著しく阻害します

④飲酒

飲酒すると、アルコールを分解するためにたくさんの酵素を消費します。血液のレベルを下げ、ドロドロになった血液はしっかりと栄養を運ぶことができなくなります

⑤紫外線

紫外線は年々強く、そして多くなっており、頭皮を保護する皮脂を酸化させる原因になります。酸化された皮脂は過酸化脂質と呼ばれ、嫌な臭い、脱毛、髪の成長阻害の原因になります。

⑥食事

食生活の欧米化!によって、動物性たんぱく質や油、塩分を取り過ぎて、高カロリー・高タンパク質になりがちで、ビタミンやミネラルが不足しがちになります。
食生活の乱れは、脱毛に影響します

⑦ストレス

ストレスを受けると毛細血管の血流が低下し、リンパの流れが悪くなるため、毛乳頭に十分な栄養補給が行われず毛母細胞の活力が低下し、脱毛が進むことがあります。

⑧シャンプー・カラーリング・パーマ

多くのシャンプーに含まれてる石油合成系の界面活性剤は、洗濯用や掃除用の洗剤にも使われてる化学製品で、頭皮や毛根にダメージを与える原因となります。カラー剤やパーマ剤も同様に頭皮に負担をかけています。

 

細かく言うともっとありますが、なにか心当たりはありませんか?

ヘアロスは生活習慣の乱れから始まり早めています

穴の開いたバケツには、効果を発揮することはできません

生活習慣の改善と優れた育毛剤があって、その効果が現れます

もちろん個人差はありますが、その効果は決してすぐに表れることはありません

ラ〇ザップだって、3~6か月かかってるとおもいますよ

 

お医者さんに行く前にまずは、ヘキサジーファクター認定サロンにご相談を♪

 

次回はヘアサイクルについて書いてみようと思います

ここまでお読みいただきありがとうございます

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください