車好きな方におくる、ヘキサジーファクター育毛理論

こんちわ!いつもお読みいただきありがとうございます

「きれいな髪は健康な頭皮から」

毛髪診断士認定講師兼カラーグレス認定美容師の大坂です

 

Hair©Salon sakasitaweedは、業界最高濃度の「成長因子成分」による発毛促進術HEXAGFACTORの取り扱いサロンに認定されています。

 

育毛やヘキサジーファクターのことを伝えようとすると、むずかしい言葉を使ってしまうんですよね

なので、例えを使って説明してみようと思います(車のことを知らなかったらごめんなさい)

ヘキサジーファクターは6剤式なのですが、そのうちの重要な4剤についてと、ヘキサジーファクター施術についてです。

 

では・・・

 

出来立ての新車のエンジン(赤ちゃんの毛穴)と違って、年代物のエンジン(大人の毛穴)には定期的な整備が必要だということは、誰もが想像つくと思います。

メンテナンスをするから、長持ちするんですよね?

んじゃ、実際どんなことをしてるんでしょう

①整備工場(ヘキサジーファクター施術)では、状態のチェックから始まります(カウンセリング、頭皮チェック)

②整備を始めるには表面の汚れを取り除き(頭皮クレンジング)、その後の作業が順調に進むようにします

③車を動かすのに重要なエンジン(髪を作るエンジンは毛乳頭と毛母細胞)の内外部に付着しているオイル汚れや鉄カス等(毛穴に付着してる過酸化脂質汚れ)を取り除き、フリクションロスを減らします(フラーレンを使用して過酸化脂質をの除去と再酸化防止をします)

④エンジン始動に重要な点火プラグを点検し電気回路を整えます(毛包幹細胞の点火に重要なサイトカインIGF-1、チモシン等で眠っている細胞を呼び起こす準備をします)

⑤エンジンをスムーズに動かすために重要な潤滑剤、エンジンオイルを入れます(キャピキシルで潤滑を阻害する酵素の働きを抑え、亜鉛で髪を作る重要なミネラルを注入します)

⑥エンジンを動かすには、ガソリンが無くては動きません(髪を作る細胞のガソリンはアデノシン3リン酸2Na。ガソリン添加剤としてピディオキシジルで血行促進)

⑦エンジン始動(適度なマッサージ)

整備されたエンジンにはアイドリングでエンジンを暖めることが重要です。空ぶかししすぎたり(強くマッサージしたり)、急発進(早く効果を出そうとやり過ぎたり)、急停車(効果が出ないとやめてしまったり)すると、エンジン(毛穴)を傷めたりする原因になります

慣らし運転をするように効果を少しづつ確認して、優しく継続していきましょう!

 

少々強引だったかもしれませんが、伝わったでしょうか💦

まずはかかりつけのエンジニア(理美容師)にご相談を

それでも効果を確認できない場合はスペシャリスト(お医者さん)にご相談を

 

ここまでお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください