ノーテンション

いつもお読みいただきありがとうございます

「きれいな髪は健康な頭皮から」

毛髪診断士指導講師の大坂です

髪をセットするヘアアイロンのかけ方と

ヘアケア・縮毛矯正で使うヘアアイロンのかけ方は違います

 

前日からの続きで、検証のまとめを記録しています

モイストチャージから1回目のシャンプー後、1日経過後から

良好な状態を保っています

ここから、ライトピュアミング(RCS+SCLで処理後、流してACLで処理、BLCでチェンジリンス)で、通常のシャンプーよりもしっかりと洗浄。

手触り感はまだまだ良好だが、コンデショナーの量が足りなかったからか弱冠の静電気が発生し始める。そのせいか、毛先の跳ね毛も強調されているような。

(ある程度の毛先の跳ね毛は、ライティングの関係とカメラを構える位置の関係でどうしても強調されてしまうが、元のナオミちゃんの毛質の関係もありしょうがないとは思う)

アウトバスローションとしてGLローションを軽く表面に塗布し

再度乾かすと、静電気が収まる⇓

ピュアミングを施したせいか、モイストチャージをしていない部分の状態も良くなってくる

ただし、写真ではわからない手触り感ははっきりと違う

 

静電気は乾燥している時期は特に起こりやすいので、注意が必要です。

 

ここまでお読みいただきありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください