微還元モイストチャージVSピロ亜硫酸Na【動画付き】

いつもお読みいただきありがとうございます

「きれいな髪は健康な頭皮から」

毛髪診断士指導講師の大坂です

 

ワードプレスだと、YouTubeを介さなくても動画を挿入できることがわかりました(^^♪  素晴らしいです!

是非最後までお付き合いくださいね

 

今回の検証は、モイストチャージ3回目と

新たに右バックにはピロ亜硫酸Naという微還元ストレートの検証です

まずは、左バック部分に3回目となるモイストチャージを行いました

モイストチャージは、施術中アイロンを2回使用します

1回目のアイロンは薬剤の浸透促進のため
2回目のアイロンはグリオキシル酸の熱反応を利用するため

です。仕上げを美しくするためではなく、意味のあるアイロン操作をして薬剤の効果を最大限に引き上げるためにしています。

そのため、サロン帰りの髪の状態だけではその後の髪の状態を見ることが難しく、シャンプー検証をして髪の状態を見ています。

地味なことを地道にやっています

モイストチャージをすると、アイロン仕上げをしても髪が硬くならずに、しなやかな感じを保ちます。コームで毛束を持ち上げてみましたが、伝わりますか?

ここから、右バック部分にはピロ亜硫酸Naを使用した微還元トリートメントを行いました

左右を比較すると、艶感とボリューム感に若干の違いが見てとれます

今回使用したピロ亜硫酸Naは、㏗6,3に調整された新しいタイプの縮毛矯正剤(と言っても普通に使ったら多分クセは伸びない)で、アルカリ剤も使用してないので、ダメージ部分にも使えるようになっています。

この薬剤もまた色々とやりがいがありそうなので、これからはこちらを使った検証を行っていこうと思います。

微還元ストレート部分と⇧

モイストチャージ3回目部分⇧

で、下の画像が

RCSシャンプ-×1、BLCコンディショナ-でチェンジリンス後

やはり、髪の中間から毛先にかけての艶感は、毛束を少し持ち上げた方が分かり易いですね⇓

シャンプー後のアイロン未処理の髪でも、艶感はでています

そして、その毛束を少しづつ落とした映像がこれです

いかがでしょう?

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください