縮毛矯正時のアイロン温度について

アイロン直後の髪、触れますか?

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

髪や さかしたうぃーどのオオサカです。

久々の矯正ネタです。

決してサボっていたわけではありません(-_-;)

 

で、

いつもなんとなく思っていたことなんですが、はっきりしたことがありました。

11月2日のテストの時です。

もうグダグダになってしまったバックの部分に

新たに1スライス増やして、サルファイトのテストです

DSC_0001

アペティートコスメ剤塗布、30分加温

流して、ピュアミング処理、パウダーGLたっぷり振りかけ

完全ドライ。

DSC_0003

ここからアイロン操作、200℃でテンションかけず、プレス圧を最低限に

ゆっくりとスルー。

いつもなら、髪に蓄熱しないんですが・・・

ここで面白い現象が起こりました。

 

ダメージしている部分と、新たにサルファイトを塗布した部分の

アイロン直後の髪の温度が違うんです。

もちろん温度計などないので、何度違うかはわかりませんが、

ダメージ部分(ビビり毛部分)のアイロン直後の髪は、指で持てないくらい熱く

新規の部分のアイロン直後は、いつも通り熱くなりませんでした。

 

次の日、確認のために別の箇所で

DSC_0010サルファイト4回施術済みのところを使い、テストしてみましたが

こちらは、やはり全く熱くなりません。

もちろん条件は一緒です。

 

ダメージした髪の中の何かが蓄熱させているのか?

それとも、ビビり毛は髪の構造がまるっきり変わっていて

通常の毛髪と違う、熱反応をおこすのか?

それとも、ダメージホール部分の隙間にある空気が蓄熱するのか?

妄想が尽きない。

が、科学者でもないのであくまでも、想像で終わってしまいそうですが・・・

 

毛髪科学は奥が深そうです。

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

髪や さかしたうぃーど

東京都港区麻布十番3-9-7~2F

tel   03-6435-2228

ホームページはこちらからご覧になれます

ネットでのご予約はこちらから

OPEN  10:00~19:00

火曜定休(その他に休む時は随時お知らせします)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください