ホームピュアミング使用法

いつもお読み頂きありがとうございます

ヘアサロン サカシタウィードの大坂です

 

今日は、ホームピュアミング用セットの使用法を

補足として書いてみようと思います

 

1,RCSシャンプー

自動発泡型シャンプーです。

手で泡立てなくても、髪と髪をこすり合わせて泡立てなくても

頭皮をゴシゴシしなくても大丈夫です

適量を手に取り、軽く手の平の上にのばしたら

そのまま頭皮に押し当てるようにして下さい

すると、数秒で泡が立ち始めますので、そのまま毛先まで伸ばす感じで

泡を髪になじませます。

泡立ちが足りない場合は、新たに同じ要領で付け足してください

この時泡を毛先まで伸ばしていると、更に泡立ってくるので

必要以上にゴシゴシしなくても大丈夫です。

そのまま2分ほど放置し、シャワーを少しだけ強めて

流して下さい。髪の長い方は、毛先からシャワーで流すと

絡みにくくなります。

この時の流しが重要で、髪が軋むくらい良く流して下さい

2~3分位は流しましょう。

2,GLローション

弱酸性で、グルタミン酸が主体のアミノ酸ベースのPH調整ローションです

髪や地肌をPH4,5付近に調整し、本来持っている耐久力を引き出してくれます

また、グルタミン酸は細胞内の主だった保湿成分ですので

保湿し過ぎないベストな状態にもっていくことができます

まずはよく振り、底に溜まっているパウダーを拡散させて、白く濁った状態でお使いください

これを、シャンプーを流した後に髪に塗布します

洗い残しがある場合、泡立つとともに少し粘りが出てきます

その場合はもう一度シャワーで流し、再度GLローションを振りかけてください

泡立ちがないような時は、そのままBLCコンディショナーを塗布します

3,BLCコンディショナー

髪と地肌の美容クリームです。モロッコ産アルガンオイルなど、

地肌のエイジングケア効果の高い植物エキスを配合

PHバランスを髪と地肌の等電点に整えます

GLローションを振りかけた後に、BLCコンディショナ-を(シャンプーと同量位を目安に)髪につけ

水を張った桶から手で水をすくいながら、髪になじませていくと更に良いと思います

その後、シャワーで地肌からよく流し、タオルドライしてください

 

(この時、タオルで優しく抑えるように水気をとるように

ここでゴシゴシ、わさわさと乱雑にタオルドライすると

キューティクルを傷める原因となってしまいますので気を付けましょう)

 

タオルドライした後、白く濁った状態のGLローションを振りかけ

優しくコーミングしてください。この時、梳かしにくい場合は無理に梳かさず

ドライヤーで乾かしていくと、サラサラの髪になります

自然な艶と、自然なハリコシと、適度な保湿感のある髪に仕上がると思います

(*スプレー、ワックス等整髪剤がついている髪の場合、シャンプー前の濡れた髪に

BLCコンディショナ-を髪に塗布し、そのまま2~3分ほど放置してから流すと

よく落ちます、その後に通常のシャンプーをしてください)

 

注意点として、シャンプー前後のシャワーでの流しは特にしっかりと。

どんな優れたシャンプーでも洗い残しは髪と頭皮によいことはありません

濡れた状態の髪は、キューティクルが開いていてとてもデリケートです

無理に髪を梳かす必要もありません。毛先が引っ掛かると気になる方は

梳かすというよりも、毛束を開いて優しく裂いていくイメージで

ブロードライ時に、ブラシで強引に引っ張るという行為も髪に負担がかかります。

優しく丁寧に扱うことが、一番理想のヘアケアだと思います。

 

一日のサロンでのトリートメントよりも、29日のホームケアで

髪が変わると思います。

美髪を目指して、がんばってください!!

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください