髪に艶が無いのは、歳のせい?

いつもお読みいただきありがとうございます。

髪質回復専門サロン サカシタウィードの大坂です

公式ホームページはこちらからご覧になれます

 

街を歩いている時、電車に乗っている時、エスカレーターに乗っている時

ふと女性の髪を見ると、髪に艶がある人髪に艶がない人と

色々見かけます

髪の艶ってなにで決まるんでしょう?

ちなみに、20代位の若い女性は髪に艶がある人が多い気がします

では、髪の艶は年齢で決まるのでしょうか・・・?

順を追って考えていきます

 

髪に艶があるということは、光をよく反射することだと思います

光をよく反射するものの代表が「鏡」、「静寂な水面」、「ダイヤモンド」「クリスタルガラス」

など色々あります

どれも表面は綺麗に整っています。

もし鏡が曇っていたら、水が濁っていたら、ダイヤの原石だったら、ドロドロのままのガラスだったら

綺麗に反射していないと思います

 

では、髪の毛の場合はどうでしょう?

髪の毛の表面はキューティクルがうろこ状に6~10層重なり合っています

キューティクルには色がついていません(染める前の根元の白髪はキラキラ光っています)

この透明なキューティクルが光を反射し、その反射具合によって

髪の艶の度合いが決まると言われています

ということは年齢は関係なく、キューティクルのキレイ度で決まるということでしょう

中学生位までのヴァージンヘアの場合

キューティクルに傷がなく、18MEAというヴァージンヘアに備わっている脂質成分が髪の表面を覆い、光をよく反射することによって、見事な艶のある髪に映ります

髪の毛は、キューティクルに傷がなく尚且つ、曇らせるようなものが付いていなければ、綺麗な艶が出てきます

では、光を乱反射させてしまうキューティクルの傷はどうしてできるのでしょう?

色々考えられますがブラッシング、ブロー、髪が半乾きのまま寝てしまう

シャンプー時に髪をこすり合わせてしまう、タオルドライをゴシゴシしてしまう

そのような日頃の何気ない行為で、キューティクルに細かい傷がつき

光が乱反射し、艶感が失われていきます

キューティクルの曇りはどうでしょう?

アウトバストリートメント、ヘアオイルなど後から付けるもの

生活から付着してしまう様々な汚れなどが、キューティクルを曇らせてしまいます

トリートメント(コーティング系)、オイルなどは薄く均等についていれば

光って見えますが、1か所にかたまっていると、そこだけが光って見えて

綺麗な艶に見えません

また、普段のシャンプーで取り切れていない様々な汚れがあると

その上にコーティング剤がついてしまい、やはり綺麗な艶は出ません

ではどうしたら、綺麗な艶がでるのでしょう?

答えはもうお分かりですよね?

そうです。

キューティクルの表面を綺麗にすれば、艶は蘇ります

(ストレートアイロンをかけると髪に艶が出るのは、キューティクルが綺麗に整うからです)

余分な汚れをきっちりと落とし、薄い脂質成分の膜を作ることができれば

アイロンをかけなくても、綺麗な艶がよみがえります

年齢は関係ありませんでしたね(^^♪

 

次回は、キューティクルを綺麗にする方法について書いてみます

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

髪艶回復専門サロン サカシタウィード 代表大坂正樹

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください