髪は根元から乾かすって、ホント!?

こんちわ!

いつもお読みいただきありがとうございます

毛髪診断士指導講師の大坂です

 

知ってるようで知らないドライヤーの正しい使い方

正しく使うことによって、きれいな髪はさらに美しくなります♪

 

はじめて当サロンをご利用いただくお客様に

いつも驚かれるのですが(特に、肩下の長さの髪の方)

「髪は毛先から乾かしてください!」とお願い致します

大抵のお客様は「???」的な表情を持って見つめ返されます

ほとんどのサロンで、根元から乾かしてくださいと指導されていますので、もっともな反応だと思います

なぜ髪は毛先から乾かすのか?

まず、髪は根元から新鮮な髪が生えてくるのはご存知かと思います(まさか毛先から伸びていくなんて思ってませんよね💦)

個人差はありますが、髪は1か月でおよそ0,8~1,5cmのびます。

1年で約12㎝として、肩下の長さではトップの毛がそこまで来るには最低3年はかかります。

そう、毛先の髪は3年以上外からの刺激に耐えています

1本の髪で一番傷んでいるところは、必然的に根元ではなく毛先ですよね?

そこは、簡単に想像はできると思いますが

では、その髪を水に漬けている状態と乾いている状態では、どちらの方が正常で長持ちすると思います?

髪は濡らしても、そのうち乾いてきます。健康な髪ほど乾くのが早い(毛髪の構造上そうなっています)ので、髪にとって、いつまでも濡れている状態よりも、乾いている方が強さを発揮しやすいという言ことを示しています

ならば、一番傷んでいる毛先から乾かそうというのも、道理にかなってると思いませんか?

根元だけが乾いていて、毛先を濡れたままにしていたら、さらに痛みが増えやすくなってしまいますよっ

それに

毛先を最初に乾かさないで、根元からブワァーっと乾かしていると

毛先が暴れてこすれあい、その摩擦によってさらに毛先は傷んでいきます

それだけじゃありません!

髪は濡らすとその伸長は約1,2倍~1,5倍長くなり、乾かすと元に戻っていきます

根元からブワァーっと乾かすと、根元から不規則に縮んでいくんで

毛先はすっごく絡みやすくなります

毛先からやさしく乾かすと、毛先から縮んでいくので

絡みにくくなります

また

タオルドライ後、髪を丁寧に梳かさなくても

ざっくりほぐして

毛先から乾かすだけで、もつれなくなります

そう

毛先→中間→根元の順番で乾かしていくと

それだけで髪は綺麗なストレートになります

あっ!

この時ドライヤーは極力、振らないでくださいね

髪の擦れを少なくして乾かすことが、基本です

注意としては

毛先から乾かすので、毛先のドライヤーの当て過ぎに気をつけて下さい

7~8割毛先が乾いてきたら、中間に移る感じです

 

この考えが理解できて、正しく乾かすことができたら

巷の理美容師以上です♬

「髪は毛先から乾かしてください!」

ご理解いただけたでしょうか?

 

ここまでお読みいただきありがとうございます