キューティクルを磨く!?

鏡やガラス、ダイアモンド、水晶は磨けば磨くほど

光り輝いて行きます

それでは髪の毛も磨けば・・・

キューティクルを綺麗に磨けば・・・

髪の艶が出て来る・・・はず!?

 

いつもお読みいただきありがとうございます。

髪艶回復専門サロン サカシタウィードの大坂です

公式ホームページはこちらからご覧になれます

 

髪の毛は、爪と同じケラチンというたんぱく質でできています

爪にマニキュアを塗る時、爪の形を整えて爪の表面をバッファーなどで軽く磨いてから

塗ると、綺麗になります

爪の表面が凸凹してたら綺麗になりませんよね?

 

しかし髪の毛の表面は、やすりやバッファーなどで磨くことができません

キューティクルが剥がれて、ボロボロの髪の毛になってしまいます

髪の毛に摩擦は厳禁ですので、ケラチンたんぱく質以上の硬さを持ったもので磨いてしまうと、6~10層あるキューティクルがどんどん剥がれていきます

なので、ケラチンたんぱく質より柔らかいもので磨かないと

髪の艶は出てきません

 

髪の毛より柔らかく摩擦抵抗の少ないもの、何があるでしょう?

普段使っている動物の毛のブラシ?ナイロンのブラシ?

これは、硬さが同じか髪の毛以上に硬いですよね

これらで無理にブローしたり、引っ張ったり、梳かしていると

いずれキューティクルが剥がれていき

キューティクルに傷を作る原因にもなってしまいます

 

ではアイロン?

アイロンは、挟むだけではキューティクルは剥がれませんが

滑らせていくと摩擦が起こります

キューティクルに傷はつきにくいのですが

適切な温度と、適度な引っ張り加減で使用しないと

キューティクルや髪の内部のダメージを進行させてしまうこともあります

髪に艶は出ますが、危険度も増していきます

 

およそ形を成しているものは、その硬さと摩擦抵抗により

いずれキューティクルを剥がし、ダメージの原因を作ります

ということは・・・

 

固体ではなく、液体か気体ですよね?

どちらも大事ですが

キューティクルに傷を作らず、汚れを落としてくれるもの

として見ると

髪を磨くものはが最適でしょう

 

次回は、この髪を磨く「水」について書こうと思います

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

髪艶回復専門サロン サカシタウィード 代表大坂正樹

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください