髪の毛の栄養って?? ②

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

髪の毛の栄養って?の続きです

 

髪の毛は、ケラチンという硫黄を含んだたんぱく質でできています

しかし、角化した死んだ細胞でできているので

外から栄養を補っても、髪の内部に浸透はしますが

同化はせず、浸透するだけです

修復したり、補修したりしません

 

美しい健康な髪を育てる要素の一つとして

バランスのとれた食事が必要となります

髪の毛はケラチンという硫黄を含んだ、たんぱく質でできているので

食べ物は、含硫アミノ酸を多く含んだ

たんぱく質の量を増やす必要があります

その分、他のたんぱく質の量を減らして

総たんぱく質の量は一定に保つ必要があります

 

含硫アミノ酸の多い食品は・・・

アジ、サバ、イワシ、サンマ、白身の魚

脂肪の少ない鳥のささ身、ひれ肉

チーズなどの乳製品、鶏卵

大豆製品の豆腐、納豆などがあります

1日に必要なたんぱく質55g~70gのうち

1/3を取るのが理想的です

 

わかめや昆布などの海藻類は

髪の毛を作る栄養分にはなりませんが

ビタミンやミネラルが豊富なので

髪の毛を作る手伝いをしますので、必要でしょう

 

次回は、白髪を予防する食事について

書いてみようと思います

 

ここまでお読みいただきありがとうございます

ヘアサロンサカシタウィード 大坂正樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください