白髪染め、あれこれ②

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

10月18日(火)、19日(水)は連休させていただきます

 

白髪染めには、いろんなタイプがあります

前回は、一番多く使われているアルカリカラー

による白髪染めについて話しました

一番のメリットは、明るくもできるし暗くもできる

デメリットは、髪の傷みと肌への刺激、かぶれる恐れがある

という事を話しました

 

今回は、ナチュラル系カラーによる白髪染め

について話してみようと思います

 

この分野の白髪染めも各種出回っています

大まかに、ジアミン染料が入っているかいないかの違いです

共通していることは、黒髪を明るくすることができず

白髪の色だけを変えるというモノです

 

黒髪を明るくできないという事は

通常のアルカリカラーの1剤に配合されているアルカリ剤

2剤の有効成分である過酸化水素

を使用する必要がないので

髪の傷みや地肌への刺激がほぼないという事になります

(*ほぼないという表現は、100%安全というモノはこの世に存在しないことから使わせていただいてます)

より安心安全なものをもとめて

ジアミン染料を使用しているか、使用していないかの違いがでてきます

 

少しまとめてみますとナチュラル系の白髪染めには

・ジアミン配合ナチュラル系カラー

・ノンジアミンナチュラル系カラー

・100%ナチュラルカラー

がありますが、これらのタイプにもメリット・デメリットがあります

 

次回は、それぞれのメリット・デメリットについて話してみようと思います

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください