白髪染め、あれこれ④

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

 

白髪染め、あれこれシリーズ

今回は、ナチュラル系カラーノンジアミンタイプ

について話そうと思います

 

 

ナチュラル系カラーノンジアミンタイプ

これは、100%ナチュラルカラーのデメリットの一つを

刺激や傷みの出ない化学成分をほんの少し加えて

なくしたものです

 

100%ナチュラルカラーといえば

知ってる方は多いと思いますが

「ヘナ」「インディゴ」「ヘナ・インディゴミックス」「ヘナ・インディゴ・各種ハーブミックス」

などがあります

このタイプのデメリットの一つが色です

100%植物で髪を染める場合、特に白髪を茶色くする場合ですが

施術直後、白髪部分の発色が薄緑色になります

48時間ほどかけて、茶色く変化していきます

しかも、毛質により発色具合を調整するのが難しいんです

これで慣れた方はいいんですが、初めてする方はこわいですよね

 

そのデメリットを解消したのが、ナチュラル系カラーノンジアミンタイプです

基本の成分は、「ヘナ・インディゴ・各種ハーブミックス」タイプになります

そこに、植物染料の発色を促す化学成分と

色味を補うための化学染料を加えたものです

どちらの化学成分も、髪の傷みを助長するものではなく

また、アレルギー等を促す感作作用があるものでもありません

(*植物アレルギーの方は別です)

仕上がり感は、100%ナチュラルカラーと変わりません

 

ナチュラル系カラーノンジアミンタイプのデメリット

全体の3%未満ですが、化学成分を使用していることでしょうか

100%ナチュラルカラーを望む方には

この少量の化学成分が許せないこともあるそうです

人が生活するうえで、化学をすべて排除することは

原始時代に戻るという事です

私には、出来そうもありません・・・(-_-;)

 

もう一つのデメリットに、やはり植物成分が多く含まれるほど

塗布後の放置時間も長くなります

50分~1時間ほどです

忙しい方、ジッとしてるのが苦手な方は不向きかもしれません

 

ナチュラル系カラーノンジアミンタイプをおススメの方

・健康志向の方

・自然派志向の方

・ゆったりもできるオトナの方

・ジアミンにかぶれてしまう方

におススメです(^^♪

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください