もし、ホームカラーをするのなら・・・♪

こんにちわ、大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

年末は12月30日まで

年始は1月4日から営業いたします

よろしくお願いします

 

手軽にできるホームカラーって捨てがたいですよね

特に白髪染めの場合、生え際とか分け目とかがすぐに目立ってくるし・・・

頻繁にサロンに通えない方も多いと思います

 

でも、これだけは知っておいてください

サロンカラーもホームカラーも髪と頭皮を傷めます!!

 

そこで

美容師と毛髪診断士の資格を持つ髪のプロが

よりキレイに染める!!よりダメージを少なくする!!

ホームカラーとうまく付き合える方法を

色々と考えてみました

(もちろん自己責任でね)

 

能書きの前に、方法だけ先に書いちゃいます

1、カラーをする前にシャンプーをする

2、カラー剤はたっぷり使う

3、トリートメントを付ける前にクエン酸を使う

この3つです

やはり少し手間をかけないといけません

 

 

それでは詳しく説明していきましょう

1、カラーをする前にシャンプーをする

じつは、これにはいくつか理由がありまして

・カラー剤は髪が濡れている方が浸透しやすい

・髪がきれいな状態の方が、発色が良くなる

・頭皮までしっかり濡れてる方が、肌に刺激成分が浸透しにくい

などの理由があるんです

でもこの時のシャンプーの仕方が少し違うんで、注意です

・決してゴシゴシしない!!

・シャンプー剤を頭皮からたっぷりつけて、シャワーの水圧だけで汚れを落とす

・髪と頭皮が汚れてない場合は、シャワーで十分に濡らす

霧吹きだけで髪を濡らすのはNG!

霧吹きで髪を濡らしても、寝ぐせってなかなかとれないよね

あれと同じで、髪の表面しか濡れないんだ

髪の奥まで濡らすにはシャワーorシャンプー!

そうすると浸透圧ってやつが働き、カラー剤が浸透しやすくなるんだ

髪がキシキシする場合は、中間から毛先にトリートメントはOK

ゴシゴシシャンプーするのだけはやめてくれよなッッッ

シャンプーをたっぷりつけて、シャワーだけで流せば最低限の汚れは落ちる筈

 

2、カラー剤はたっぷり使う

少ない薬剤ではムラが出来やすくなるんだよ

それに塗る時に少ない薬剤だと、髪の毛を引っ張ってしまったりするんだ

毛先まで薬を伸ばそうとしてね

カラー剤に含まれてるアルカリ剤が髪に付いた状態で引っ張ると

そくダメージにつながるから気を付けないといけないよ

カラー剤はたっぷり使えば、伸ばしやすくなるからね

白髪染めの場合は、根元にたっぷりと

薬剤で髪を埋める感じです

ケチケチしないのが基本

 

3、トリートメントを付ける前にクエン酸を使う

カラー後のシャンプーをした後に

水を溜めた桶にクエン酸を小さじ1杯入れて混ぜます

そこに髪を入れて、その水を頭皮からジャバジャバかけます

およそ1~2分ほど。

その後よく流してから、普段お使いのトリートメントを使用してください

クエン酸は薬局で手に入りますが、ない場合はレモンとか酸っぱい感じのモノを使います

あくまでも少量仕様です。量が多すぎると髪が過収縮したりするからね

なぜクエン酸とか使うかというと

カラーの後は必ず髪はアルカリに傾いてます

シャンプーだけでは、なかなか弱酸性に戻りません

なので、出来ればカラー後3日間はクエン酸でチェンジリンス!!

 

もしこれらが面倒な場合・・・

ホームカラー用処理剤3点セットがあります

1、カラーの前にシャンプーをしなくても済むローション

2、アルカリに傾いてる髪を弱酸性に戻すアルカリオフ剤

3、さらに髪に残留しやすい活性酸素を取り除くカタラーゼ

この3つがあれば、ホームカラーも怖くない!

 

ホームカラーやサロンカラーを使って、手間をかけずに傷みから解放する方法は、今のところないのが現実です

手間と暇とお金をかければ、その分だけ髪と頭皮のダメージは減っていくと思ってくださいね

 

でもほんとは

髪のダメージが全く無く

ジアミンアレルギーの心配がないモノ

環境も汚さないモノ

ヘナとインディゴ・各種ハーブを使った

100%植物カラーが1番安心して使えるものなんだけどね

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください