RCA洗浄という考え方。

こんちわ!大坂です

いつもお読みいただきありがとうございます

 

先日のお休みに講習会に参加してきたのですが、素敵な考えを持っている先生方にお会いすることができ、とても有意義な時間を過ごすことができました(^^♪

 

突然ですが、RCA洗浄って知ってますか?

1970年にアメリカのRCA社が発表した、今の半導体洗浄の基本となっているウエット洗浄のことです

アンモニア過水・塩酸過水・希フッ酸等を使って

金属汚れや有機物汚れ、粒子汚れなんかを除去するシステムです。

このRCA洗浄を基に、今ではより環境負荷の少ない洗浄液を使ったりした、「RCA代替技術」として進化しているそうです。

 

似たようなシステムが繊維業界にもあります。

染色の前に繊維に付着している不純物や汚れを除去する「精練」という工程があるそうです

アルカリ剤・酸化剤・有機溶剤・酵素・界面活性剤を使用して様々な汚れを除去しています。

 

半導体のような精密機器や洋服等に使われる繊維、他にもたくさんあると思いますが

汚れを除去するために、様々な洗浄液と工程を経ています

性能の向上や染色過程においては、微細な汚れまで除去する必要性がある、まあ、汚れは邪魔だってことでしょう

 

では

パーマをかけたり、縮毛矯正をしたり、カラーをしたりする時

髪の汚れを除去するために、シャンプーするだけでいいんすかね?

他の業界は、あんなに必死になって汚れを除去してるのに・・・

 

パーマ剤やカラー剤、トリートメント剤を活かすのには

前処理工程の「汚れ除去」が、実は一番大切だったりして==💦

髪についてる汚れは皮脂汚れだけでしょうかね?

 

美容業界にも「RCA洗浄」や「精練」という考え方やシステムがあってもいいと思いますが

一番近いことができるのはピ・・・・・かな

美容の底辺の技術として必要なのではないのでしょうか

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください