小さなお店だからできること

いつもお読みいただきありがとうございます

毛髪診断士兼美容師兼小っちゃいお店をやってる大坂です

 

45歳以上の白髪染めが気になり始めている方、もうされている方、興味がおありでしたらこのまま読んでみて下さいね==🎵

 

小さなお店だからできること、やっています。

白髪をカバーするカラー剤は、良くも悪くもさまざまな形で皆様に愛用されていると思います。

特にここ最近の流れを見渡してみると、

カラートリートメントの販売の伸びには目を見張るものがありますよね

その背景には、

・サロンで髪を染めると傷む
・頭皮への刺激がある白髪染めをするのが苦痛になってきた
・メディアで取りざたされることがあるアレルギーが心配
・時間的にもコスト的にもサロンに縛られたくない
・何回染めても髪が傷まない
・家で手軽に好きな時間にできるのは魅力

など、白髪が気になってきた世代には特に気になることばかりです

美容室に行くまでのつなぎとしてのカラートリートメントに、私は賛成です。

サロンで染めるのと同じようなホームカラーをよりも、何倍もおススメします。

カラートリートメントをすることにより、美容室で白髪を染める回数が少なくなったとしても、私的にはお勧めしちゃいます

生え際や分け目に白いのが増え始めたりすると、10日で気になっちゃうもんね

 

そんなカラートリートメントを愛用し始めてる方々のために、

サロンでする白髪染めでできることは

・より安心に・より安全に・より傷ませない

ということが大切になってくると思います

これは、今あるサロンカラー単品だけの考えでは、必ずどこかにほころびが生じてくるんですよ

どんなに素晴らしいことをうたっているカラー剤でも、髪に塗布して時間をおいてシャンプーして・・・だけで結果が出るものって無いんですよ(今現在のはなしでね)

そこには、何らかの処理が必要になってきます。

 

サロンによって考え方は色々あると思いますが、

カラーの処理には髪を補修したりコートしたりするトリートメントの考え方だと、ダメージが進んでしまう可能性があります。

 

カラーの処理に大切なことは、

染め上がった髪の中に残っているであろう様々な残留物の処理や、

頭皮にできるだけ刺激や負担を少なくする処理や、

アレルギーに心配のある方には塗布の仕方だったり、

アレルギー反応が起きにくい薬剤の選定だったり、

アレルギーを起こしにくくする薬剤をミックスしたりと、出来ることはたくさんあります。

その上で、つなぎとしてカラートリートメントを使用すれば、限りなく長くカラーを楽しむことができるようになります。

 

ですが、

この様な処理には、残念ながら様々なコストが掛かってきてしまいます。

処理剤にもランクがあります。

少しでも安心安全なカラーをしようと思うとランクを落とすわけにもいかず、その分コストもかかってきてしまうのが現状です。

 

白髪染めには様々なリスクが潜んでいます。

ゼロにすることはできませんが、

限りなくゼロに近づけることはできます。

 

リスクゼロの白髪染めがでるまでは、繋ぎのカラートリートメントで補いながら、サロンでするカラーをできるだけ引き延ばすことをおススメします。

毎月サロンで染めていた方は、ひと月半に一回に

2週とか3週で染めていた方も、出来れば5~6週にできれば理想です!かね~?

 

じつは・・・

黒髪も明るくできる白髪染めはいたみますよ、どんな処理でも少なからず出ちゃいます。パーマや縮毛矯正をしたら隠れていた痛みがでちゃうからね、いつも毛先までカラーをしちゃっている方は特に気を付けて・・・💦(そのための処理の一つが、サロンで染めることを減らすことだったりして🎵)

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください