トリートメントってなんだろう2

やっちまったな-。の続きです

どうやら頑固な皮膜を作ってしまったようです(-_-;

DSC_0087

こんなです

もう、手触りが凄いことに・・・

脂ぎっているようで、触ると手になんかつく

ベタベタとは少し違う

とにかく、この皮膜をとることから・・・

フルピュアミング1回目・・・気持とれたような

フルピュアミング2回目・・・少しとれたような?

って、全然ダメ

強化版スペシャルピュアミングレシピ登場!!(レシピは内緒)

だが・・・。DSC_0091

まーだ残ってる!!

皮膜をとるのがこんなに難しいなんて・・・

もう最後の手段DSC_0092JOY先生の登場です

DSC_0098泡立て、放置10分DSC_0100かなり取れたが、まだペトペトしてる

再度

DSC_01022回目なんで泡立ちが良い。このまま放置20分

DSC_0108だいぶ取れたが、まだなんか残ってる

くせの出方も微妙に違っていることに気づくだろうか?

皮膜が取れるにしたがって、髪も真っ直ぐに近くなってきていることに

って、何が言いたいかというと・・・

これって、知らない間に一般の人もやっているかもしれない・・・

シャンプーで髪の毛あらって、トリートメント付けて軽く流して

薄いけど髪にトリートメントがついている状態で、高温のアイロン巻き髪したり

ストレートアイロンで何度も真っ直ぐにしたり

知らない間にコーティングされて髪が重くなっている

ドライヤーで何度もブローしたりして、髪に熱を与えて皮膜を作る

ボリュームがでない、髪に艶が無くなってきた、癖が出てきた。なんてことが・・・

トリートメント成分は確かに良い成分が入っている、申しぶんないよい成分

研究所ではトリートメント剤が髪に入る画像をいれるが

果たして、一般の人の日常行動まで考えているのだろうか?

その新成分、そのオーガニックな油

高温が髪に伝わることでキューティクルの表面に残ったその成分が、髪に悪さしてないだろうか?

今回の実験により色んな事が頭の中をよぎる

お客様には伝えるようにしよう

トリートメントは、よい成分が入っているが使い方を間違えると

恐ろしい結果も潜んでいるということを・・・。

熱と成分。

新たな課題も見つかった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください