サルファイトを信じて

ビビり毛に対して、サルファイトがどこまで通じるか

検証していきたいと思う

 

おはようございます

麻布十番 仙台坂の下のヘアサロン

サカシタウィードのオオサカですーー。

今日も、天気がすっきりしないですね

予報だと午後から晴れるらしいんですが、どうなんでしょう?

 

まずは

DSC_0465

このビビってしまった髪のネープから少しずつテストしてみる

DSC_0467

内部補修として、ぺリセアを塗布してみた

濡れてる状態だと伸びるのでもしかしたら

と思ったが、乾かしてみるとあまり変わらず。

でも、内部にはジラウロイルグルタミン酸リジンが入って

目には見えないが、内部補強はしてくれていると思う

次にDSC_0468

サルファイトと精製水を1:1で割った弱い還元作用からテスト

加温10分、中間ピュアミング処理、完全ドライした状態DSC_0469

ここから縮めるアイロン、温度設定210℃

2液は過酸化水素水、たっぷり塗布して水を溜めてかけ流し計5分ほど

流して、GLでかけ流し。(ACLだとか収れんが怖かったので)

DSC_0473

P・GLをたっぷり振りかけた後の状態

ここからドライ

DSC_0475

そんな簡単にはいかない。

が、サルファイトだとここまでの髪でも、過還元しにくいような感じ

次回はもう少し濃い濃度で、テストしてみようと思う

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

あまり期待しないでお読みください~~🎶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください