髪にやさしい縮毛矯正

ホントに髪にやさしい縮毛矯正ってなんだろう?

低アルカリ?酸性?

アイロンを使わない縮毛矯正?

ハイブリット還元剤?

スピエラ?システアミン?チオグリセリン?GMT?サルファイト?

髪をしっかり補修するトリートメントを使った縮毛矯正?

まあ、色んな縮毛矯正が出回ってる

どれが本当なんだろうねーー。

 

ども。

髪や さかしたうぃーどのおおさかです。

今日は、秋晴れです。(少し寒いですが)

明日、戸隠に行ってきます~(^◇^)

晴れるといいな~🎶

 

髪のダメージにつながると言われてる代表格が、アルカリ

次いで還元剤、酸化剤、過剰な熱。

後、髪を引っ張るという行為、摩擦など。

 

なので、低アルカリ処方とか酸性の薬剤が生まれてきたんだと思う

今までそう信じてきた。酸性は髪を傷めないと。

ピュアミングに出会って、アペティートのサルファイトに出会って

そうではないと、教わった

テストを繰り返し、確信に変わる

アルカリの種類によるもので、決して一括りにはできない

 

還元剤も、新しいものが次から次へと出てくる

決して、後発が良いとは限らない

古いモノは、十分なデータが蓄積されてるので信頼感はある

それに伴う技術も進化している

 

チオグリコール酸、システイン、サルファイトは古い部類

サルファイトだけは還元式がほかと違い、傷まないと言われてきたが技術の確立が難しく、敬遠され

システインは、傷みにくいがパーマのかかりが弱く、

チオグリコール酸が主流になっていく

 

ただ、チオグリコール酸はしっかりと結果が出るが、ダメージが伴う

それを隠すために、色々なトリートメント、各種処理剤が生まれ

今の業界、それが当たり前になる

 

今、サルファイトという薬が見直されつつあり、色んな先生方の苦心の末

その技術の確立が進んでいる

トリートメント、各種処理剤に頼らなくても、ダメージが最も少ないサルファイトという還元剤

髪の構造を知り、薬剤の特性を知り、それに伴う技術と、それに伴う処理を行った場合

それが、一番髪にやさしい縮毛矯正だと思う

テストと検証が物語っている・・・。

 

皆さんは何を選びますか?

 

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

ほんじゃ、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください