ノーテンション・ノープレス・秒速1センチメートル

いつもお読みいただきありがとうございます

「きれいな髪は健康な頭皮から」

毛髪診断士指導講師の大坂です

 

トリートメントと縮毛矯正はちがいます。

縮毛矯正は、髪の癖や縮れを伸ばしてしまう力があるため、ダメージによるうねりなど(くせ毛ではない)も伸ばしてしまいます。それを勘違いされて縮毛やくせ毛ではないのに、そのまま定期的に続けてしまうと髪はさらにダメージしていきます(中にはそうなりにくい縮毛矯正もありますが多くありません)。

トリートメントは、ダメージにより出てしまったうねりを抑える力はあるかもしれませんが、クセを伸ばす力はありません。ダメージは進みにくくなりますが、必要性のない髪に無理にする必要もありません

境界線があいまいになっている今日この頃です。詳しくはお近くの理美容師さんにお聞きくださいね♪

 

それでは検証の続きに入ります

今回は、前回までと同じ個所(左バック)に同じ処理をし、どういう効果が表れるかと、新たに左サイドを加えて、微還元剤(非常に弱い縮毛矯正剤)が入った薬剤処理をして、うねりの出てしまっている左サイドにどこまで有効か調べる検証です

 

弱冠のうねりが出ている左サイド

前回までの左バック部分

工程は省かせていただき、左バック部分には同じ処理、左サイドは微還元剤入りで処理しています。

アイロン操作は、ノーテンションノープレス秒速1センチメートルで🎶

気持ち、微還元剤処理の方がうるおい感があるような手触りです

ここからいつものように、様々なシャンプーを使用して相性確認と、髪の変化を見ていきます

 

今日はここまで

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください