浄水器のフィルター交換

いつもお読みいただきありがとうございます

サカシタウィードの大坂です

 

今日は、シャンプー台についてる

浄水器の定期的なフィルター交換をしました

髪を綺麗にする陰の立役者です⇩

 

まずはフィルター交換をする前に

ちゃんと働いてたか?の残留塩素のチェックです

検査薬を使ってチェックします

透明です。塩素が除去されてきた証ですね(^^♪

 

ちなみに、塩素が残ってると・・・

 

それでは浄水器を分解してフィルター交換します

綺麗な筈の東京都の水も1年でこれだけ不純物が付着してます

裏を返せば、浄水器がちゃんと働いてる証拠です

こんな状態でも、塩素はきっちりと除去してたんですね

よくできました❀

 

交換したら再度、残留塩素の検査します

新鮮な水のできあがりっ

って気分で気持ちいい==

 

今回は、残留塩素測定試薬を3包使いました

 

 

塩素って、水に菌が繁殖しないために必要なのですが

じっさい、身体にとってはどうなんでしょうね?

髪への弊害は文書で指摘されています

プールに入った後の髪ってギシギシしてないですか?

塩素濃度の問題もありますが(これは結構複雑で、水道局に近いほど塩素濃度は濃くなっています。このときの濃度とプールの塩素濃度に違いはないんですよね)

なので

せめてシャンプー台から出る水の塩素除去をしています

 

はっきりとした違いなんて

わかるはずないんですが・・・

気持ちの問題ですよね

お客様の髪を守るため、綺麗にするために

うちでは塩素除去しています

 

ここまでお読みいただきありがとうございます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください