白髪染めアレルギーを追ってたら・・・

いつもお読みいただきありがとうございます

健康な髪は健康な身体から

心・食・体のバランスをしっかりと取ってますか?

お客様の髪をスーパー優しくあつかう

サカシタウィードの大坂です

 

最近、白髪染めをした後に起こる皮膚炎のお悩み相談が多くなっています

白髪染めによるアレルギー症状は誰にでも起こる可能性があります

無症状の方でもまだ自覚がないだけで

何かのきっかけで、いつ発症しても不思議ではありません💦

早めの予防が大切で

予防をすることによってアレルギーは防ぐことができます

日常生活に支障をきたしたくない方は

いつでもご相談ください

お問い合わせフォーム、LINE

または、お電話にて承っています

 

長年美容師をしていて

特に、白髪染めを続けている方の頭皮が弱っていくのを

目の当たりにしてきました・・・

美容の仕事として

白髪染めと、極端なブリーチ程

お客様の頭皮環境に問題を起こすメニューはありません

けれど、お客様のご要望に応えるために

永く目を瞑ってきました

 

でも、独立してから取り入れた

安心安全カラー技法「カラーグレス」

で、今はほぼ解消することができています

だけど、すでに重いアレルギー症状を発症してしまった人は

選択肢がかなり狭まれてしまいます

無症状のうちにカラーグレスに移行することを

お・す・す・め・いたします!

 

カラーグレスを詳しく知りたい方は⇩

カラーグレスについて

をクリックしてお読みください

 

前置きが長くなってしまいましたが・・・(笑)

 

つまるところ、アレルギー症状は

特に先進国に多いそうです

諸説ありますが

日本では明治以降、西洋文化を取り入れて

急速な発展をしてきました

衣・食・住・医療・仕事等々の発展と引き換えに

日本の一次産業はすべて衰退もしくは縮小してますよね?

林業は、海外の安い木材に押されてほったらかしの山林が増え

農業は、海外の安い穀物や肉類の輸入によって農家の仕事が縮小し

漁業は、他国の乱獲や気候変動、環境汚染によって衰退もしくは漁獲量が縮小しています

日本の工業製品の輸出の引き換えもあるんでしょうけどね

 

西洋文明を取り入れた結果、経済が発展して世の中便利になり

おいしくて(?)安い加工食品や輸入肉類魚類、パン製品等が多くなり

医療の発展と共に、寿命が長くなりました

 

いい事なんでしょうが

経済の発展=ストレスの増大=ホルモンバランスの乱れ

食の輸入や加工食品の増加=栄養の過不足の発生=現代病の増加

医療の発展による薬の増加=抵抗力の減少=未知の病気のリスク

こんな系図ができあがってることも事実なんですよね

 

これは先進国が歩んできた道です

亡くならないで済む病気が増えたことはいい事なんでしょうが

生死にかかわらないその他の病気は増えている気がします

その一つがアレルギーです

食物アレルギーを発症する子供が増えています

小学校から花粉症に悩んでいる子供も増えています

ダニアレルギーやハウスダストアレルギー

光アレルギー、温度差によるアレルギー、乾燥によるアレルギー

まだまだこれからいっぱい増えてくると思います

明治大正生まれの方は、こんなアレルギーは無かったでしょうからここから遺伝的アレルギーが伝わる訳もなく、ゆえに昭和初期の生まれの方たちにはアレルギーはほぼなかったと思います(白髪染めアレルギーもあまり聞きませんでした)。

白髪染めをする機会が増えたバブル経済に盛り上がったころから、徐々に白髪染めアレルギー(ジアミンアレルギー)やその他のアレルギーの遺伝が始まり

いまに至っているんでしょう

今一度、色々立ち直って見直すところがあるんでしょうね

美容師の仕事は、髪結いに始まり電気式パーマを経て薬剤の進歩によるコールドパーマへの発展、茶髪ブーム、ストパーや縮毛矯正ブーム、デジパーから様々なヘアカラー、傷めてしまった髪をケアするシステムトリートメント等々

マッチポンプのような仕事をこなすようになりました💦

流行を追ってきた結果、髪を傷め頭皮を傷めアレルギーが多発している現状です

見直すことがたくさんあります

たどり着いた答えの一つが、安全に髪を染める技術であり

髪と皮膚から見た安心な技術です

まだまだ見直すことはあるのでしょうが、まずはここから

一つ一つ見直しています

 

あとは、個人の取り組みとして

いつか誰もが安心な食にたどり着けるように、東京の農家さんのお手伝いをする様になりました

いつか安心安全な野菜をお客様に届けることができたら、もっといいんだろうなぁ

あわよくば、畑から採れたてのハーブなんかを使ってトリートメントなんかできたら・・・

と夢を膨らませながら、畑仕事を手伝ってます♪

食べるって一番の基本ですからね、畑に携わる仙人のような奇跡のリンゴを栽培した木村さんもおっしゃっていますが

無農薬有機、無肥料栽培した野菜を高く販売するのではなく、誰もが手に取れる価格で販売することも目標にしているそうです

それができるまでは時間がかかるのでしょうが、素敵な考え方ですよね!

 

世の中が少しでもい方向に向かうといいですね

 

ここまでお読みいただきありがとうございます

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください