アトピーの方にカラートリートメントはダメ!

qimono / Pixabay

いつもお読みいただきありがとうございます

白髪染めでアレルギーを出さない美容院

サカシタウィードの大坂です

 

「カラートリートメント」で検索してみると

数限りなくヒットしますよね?

もうどれがいいのかわからなくなっちゃうくらい沢山

でもちょっとまって!

そのカラートリートメントを選ぶ前にお読みください

 

カラートリートメントを悪く言うつもりはありませんが

アレルギーってどうして起こるか知ってますか?

特にアトピーの方って、アレルギーを起こしやすいんですが

アレルギーは原因物質が皮膚に触れることから始まることが、最近の研究で分かってきています

記憶にある方もいると思いますが、「茶のしずく石けん」を覚えていますか?

原因として考えられたのが、この石鹸に含まれていた小麦の加水分解物です。石けんを使うことで皮膚からこの成分が吸収され、igE抗体が作られることで、のちに小麦を含んだ食材を口にした際に、まぶたの腫れ、顔面の皮膚の痒み、蕁麻疹など、さまざまなアレルギー反応に見舞われるケースが頻出したんです

石鹸を使用した際に反応が現れる人もいましたが、その症状は比較的軽度で、使用後に小麦を食べた時に同様の症状や、重篤の場合は下痢や腹痛、血圧低下、ふらつきなどが起こるケースの方が多かったようです。重篤な症状は「アナフィラキシー」と呼ばれますが、中には小麦を食べて運動した直後に、これらの症状が複合して起こる「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」も問題になりました

この話のもとになった説が、英国のギデオン・ラック教授の説です(詳しくはお調べください)

すべてとは言いませんが、高い確率でアレルギーの原因は皮膚に触れることから始まります

 

そこで、カラートリートメントの話に戻りますが

カラートリートメントは、もともと染まりが悪く(HC染料使用のため)、何度も何度も繰り返し使用します。それもたっぷりと頭皮にのせて・・・(^_^;)ここからアレルギーの原因が始まってるんですよ

皮膚に何の異常もなく、免疫細胞のバランスが整っている方は何の問題もないかもしれませんが

アトピーの方や、白髪染めをしている時にピリピリと刺激を感じている方や、すでに白髪染めアレルギーを発症してしまった方が、説明書通りのカラートリートメントの使い方をしていたら、近いうちにカラートリートメントアレルギーが起きてしまっても何の不思議もありません

もう一度言います

高い確率でアレルギーの原因は皮膚に触れることから始まります

 

アトピーの方や皮膚が敏感な方はとくに、安易にカラートリートメントを選ぶ前にもう一度考えてみて下さい

当サロンに通われているお客様の中にも、カラートリートメントで痒みがでたり、まぶたの周りに赤味が出たという話を聞きます

予防のつもりが予防になってなかったんでは意味がないですよね

 

このブログをお読みになった方が、安易にカラートリートメントを選ばないことを祈っています

 

ここまでお読みいただきありがとうございます

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください