TOP

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます

髪の診療所+アレルギー対策美容院 sakasitaweedは・・・

髪のことをよく知る毛髪診断士指導講師

アレルギー対策に詳しいカラーグレス認定を受けた美容師のいる

大人が安心して通えるプライベート美容院です

 

どこよりも安全に作業を進めていくために、一人一人丁寧なカウンセリングと施術を心がけています。

そのため通常のサロンよりもお時間をいただくことを、ご理解いただけると幸いです。

*ご満足いただけるサービスを提供するためにカラーグレス、クリニックカラーは1日3人までとさせていただいています。

 

【お知らせ】コロナ対策の取り組み

お客様に安心してご来店いただけるように

・当サロンはプライベートサロンで、一度に不特定多数のご来店はありません

・ご入店の際は、手指消毒をお願いしています

・接客中はマスクを着用しています

・換気をよくするため窓を開けています

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

*安心安全カラーを詳しく知りたい方はカラーグレスについてをお読みくださいね

*フケ症(乾燥性、脂漏性)、頭皮湿疹、乾癬など頭皮に何らかの異常のある方のご相談も承っています。お気軽にご相談ください

HEXAGFACTOR・ピュアミングシステム・理学美容製品導入サロン

 

RESERVA予約システムから予約する

⇧ネットでのご予約はこちらからも出来ます。

はじめてカラーグレス、クリニックリガクカラーをご利用いただく場合、初回コースをお選びください
*尚、予約ページの性質上の問題のため返信することはできませんが、内容の確認はできていますのでご安心ください。

日本で一番「髪にやさしく」「肌にやさしく」「自然環境にやさしく」を目指したサロン造りに励んでいます!

 

髪について大切な情報を編集しています

毛髪の基礎知識その1

 

こんにちは! はじめに・・・2つほど知っておいてほしいことがあります

1つ目は・・・

髪の毛は皮膚の付属器官です。
本来の目的は体を守るため、皮膚の弱点を補うために存在しています。神経の通っていない角化した細胞でできているため、私たちは髪の毛自体のダメージを直接感じることができません。
・艶がなくなったり・パサパサしたり・枝毛ができたり・手触りが悪くなることで間接的にその痛みを知るようになります。

その原因はたくさんあるのですが、その一番の原因は摩擦によるキューティクルへのダメージと、けん引(引っ張りテンション)によるケラチンタンパク質のαヘリックス(バネ状形態)からβシート(板状形態)に変化してしまう後戻りができないダメージ。

・過度なブラッシングはキューティクルに傷を作り
・無理なコーミングによりキューティクルは欠けて剥がれ落ち
・過度なブローによるスタイリングでキューティクルが剥がれやすくなり、この時の引っ張る行為により少しづつ髪の内部の結合が緩んでいきます。
・特に濡れている髪は非常にデリケートです。シャンプー時とタオルドライにも注意が必要になってきます。

知っておいて欲しいことは、傷んでしまった髪を本当の意味で直すことはできません。欠けたり剥がれてしまったキューティクルを直すことはできません。皮膜を作って滑りをよくし、ただ誤魔化すだけです。
これらのことは、日々のヘアケアによって起こることを知っておいてください。
そうならないための予防が一番大切なんじゃないかと思って仕事をしています。

2つ目は・・・

毛染めは危険であるということ。
髪を傷める危険性と、皮膚に障害を起こす危険性があります。
危険性があるということを認識しているからこそできる対処法があり、常に進化する必要があると思います。このことを念頭に日々仕事に励んでいます。

HAIRSALON sakasita weed
add:106-0045 東京都港区麻布十番3-9-7~2F

OPEN10:00~19:00
毎週火曜、水曜日定休
tel:03-6435-2228
owner:大坂正樹

2015-08-12 18.25.27

出身:静岡県富士市
年齢:over50
血液型:A
趣味:自転車散歩、カメラ、ごくたまに山登り、ごくごくたまにボルダリング、バイクに乗りたい